賢く利益を上げる不動作投資【アパートは最高の投資物件】

白い戸建ての家

不動産投資で成功する秘訣

マンション

事業所得で節税する方法

最近はサラリーマンやOLでもマンション投資をする人が増えていますが、資産形成のためには良い方法です。不動産投資は株などの投資とは違ってリスクが小さいので、初心者でもやりやすい利点があります。サラリーマンなどが行うのは区分投資といって、マンションの中のワンルームを賃貸として貸し出すやり方です。これに対して一棟マンション投資というのがあります。マンション一棟を丸ごと賃貸用に所有して、オーナーとして管理業務をする方法です。一棟マンション投資は建設資金がかかりますが、税金面の優遇制度を利用できるメリットがあります。投資による収入を不動産所得ではなく事業所得にする必要があるので、10部屋以上を賃貸として貸し出せば優遇制度を利用できます。区分投資でも10部屋以上持てるように工夫すれば、事業所得にできるのです。

空室のリスクが小さい魅力

マンション投資で失敗する原因は空室率です。空き部屋が多くなると家賃収入がなくなり、経営を維持できなくなるのです。その点、一棟マンション投資はリスクが小さいのです。たくさんの部屋を抱えているので、一部屋や二部屋が空室になっても他の部屋の収入でカバーできます。区分投資の場合は一部屋か二部屋の所有になるので、空き部屋になるとたちまち家賃収入が途絶えてしまいます。この点においても一棟マンション投資の方がメリットがあるといえます。またマンションは修繕や改築が必要になりますが、必要な時に行うことができます。この点も区分投資とは違う点です。一棟マンション投資の場合は管理業務が多くなるので、良い管理会社と提携することでさらに経営効率を上げることが可能です。