賢く利益を上げる不動作投資【アパートは最高の投資物件】

ビルとパソコン

不動産投資で成功する秘訣

マンション

一棟マンション投資の魅力は安定した収入を長期間期待できるという点です。税金面での優遇制度もあるので、投資事業として行うことができます。マンション投資の注意点は空室率ですが、一棟マンション投資なら複数の部屋があるので空室が出ても他の部屋の収入でカバーできます。

詳細を確認する...

このような投資がおすすめ

不動産

京都などの外国人から人気のスポットにおいて、短期的なローテーションで賃貸の不動産投資を行うときには、日本の古き良き伝統を全面に出すような部屋が喜ばれると言えます。このような部屋にすれば、京都における不動産投資は軌道に乗ることでしょう。

詳細を確認する...

実践で役立つ知識を得よう

セミナー

東京で開催されている無料不動産投資セミナーは、目的別に主に4つに分類することができます。その4つとは、資産形成が目的、相続税対策が目的、海外不動産投資が目的、トラブル解決が目的のセミナーです。自分の目的に合ったセミナーに参加することで、実践で役立つ知識を得ることができます。

詳細を確認する...

定期的な運用益が魅力

アパート

金利上昇のリスクを考える

銀行の金利上昇は、投資物件の運用を考える際には注意をしておく必要があります。特に投資物件の中でもアパートは、マンションのように一室購入しての運用は少なく、多くは一棟買いによる運用のはずです。そのため銀行からの借入額が大きいことが一般的で、金利上昇によって返済負担が大きくなるリスクが存在するためです。銀行からの借入でアパートを投資物件として運用する場合は、必ず金利上昇のリスクに備えておくべきです。金利が低い期間に返済額を増やすなど、元本を減らす工夫は特に有効です。しかし経済動向次第では、そのような金利上昇を見ぬくのも困難なケースもあります。その場合は柔軟なアパートの運用計画変更なども考えるべきです。

利点や問題点を知っておく

多くの投資物件の中でも人気があるのがアパートです。物件所有者が入居者に部屋を貸し出し、毎月の運用益を得るという不動産投資になります。アパート投資にはメリットとデメリットがそれぞれ存在します。そのため投資物件として手を出す前にそれらを知識として把握しておくことが大切です。アパート投資のまずメリットを挙げると、土地を担保にすれば少額投資から始めることができる点です。2つ目のメリットに、団体信用生命保険によって物件購入の際にローンを組んだ場合でも、その負債が万が一の場合でも子どもや配偶者に残らない点があります。さらに3つ目のメリットに節税対策にもなる点も挙げられます。一方デメリットとしては、周辺環境の変化で空室ができるリスクと、老朽化による資産価値の下落があります。